10年以上前、当たり前ですけど私も大学生でした。

いろいろ葛藤しながらも、新たな自分に向き合う時間を楽しんでいたな♫

懐かしいな〜。

やはり若いって素晴らしい!

若者よー!経験に勝るものはありません♡
恐れよりもその好奇心を信じて、自分は何を通して世の中に貢献していくのか!たくさんたくさん悩んでチャレンジして欲しいな♡

私もまだまだ!負けじとこれからだ!♡

 

 

さてさて、昨日の話に戻りますが自分を振り返るためにも過去のわたしを整理させていただきますね。

大学卒業後NPOを立ち上げるか散々悩んだ結果、サラリーマンになる選択をしました。

社会人として初勤務の確か2、3日前に中国旅から帰国したと覚えています。

そうだパスポート、2日前だ。

そうそう、帰国翌日、着ていくスーツが無くて慌てて買ったのを思い出した!笑

 

 

翌朝、私の踏み入れた世界は、今まで自分が生きてきた世界とは別世界。

うまく表現できないけど、小さな箱の中でエネルギーがぐるぐるしている感じ。

何か新しいものが生まれる時のあのバンっ!という大きなエネルギーのうねり。人と人が織りなすエネルギーの循環は無かった。

なんだか自分一人浮いている感じを受けたのを鮮明に思い出しました。

まだ日本に慣れてないせいだろうなんて自分をごまかして数週間、数ヶ月、ただただその組織に慣れることに精一杯でした。

 

 

 

 

ここは純粋の日本人、さすがに自由にやってきた私も、周りの影響を受け、朝は早々に出勤し、先輩方の机を拭き、必死にサラリーマンになろうと120パーセント頑張りました。

今思うと、この頑張りが命取りになったのですね。

 

 

日本人は、人と横並びを好む特性があります。何かちょっと人と違うと変に目立ってしまったり、自分の意見を優先するとワガママと言われる、大衆に対する反対意見は極力避け、右に左に合わせていく。

自分の腹の声は無視し、自分の感情も完全放置、身体が疲労困憊でも、人に迷惑をかけるからと有給はほとんど取らない。

ただただ真面目に、黙って、マニュアル通りに正確に仕事をこなす。

こんな感じでしょうか。

 

 

私もまさにこのお手本のようだった。汗。

ヨガを通して、本来の自分を知った今、私にとってはまさに生き地獄のような生き方を自分で選択してきた訳だと今なら分かります。

 

 

そして育ってきた環境で作られた、体育会系で負けず嫌いの完璧主義が更に悪影響。

働いていた10年間を、常に120パーセントの力で所属していた組織のために力を尽くしてきてしまったのです。

 

 

両親には割と厳しく育てられたので、泣き言を言うのは負け。というそれまた悪い思い込みが意識の中にあったので、悲しいことも、悔しいことも、怖かったことも、苦しかったことも、ほとんど人に話さずただただ我慢して自分のお腹の中へと溜めてきました。

 

だいぶ解放してきましたが、まだ時々記憶がフィードバックして、止まらない程の涙が溢れます。

 

個人情報保護の関係で、仕事に関する一切を今後も人に話して解放するようなことは出来ないので、こうして一つづつ、自分を傷つけてきた記憶を地道に手放す努力を続けています。

 

昔と違うのは、今の自分の感情を受け入れられているということ。

あの時、辛い状況でも泣き言ひとつ言わず、暴言を浴びせられてもただただ我慢して、何年もよく頑張ったね。って。その時の自分の状況を鮮明に思い出して向き合って、感情を受け止めてぎゅっと自分をハグしてから手放していく。

地道な作業です。

かなり最初はキツイし辛いですが、でも手放すためには必要な作業だと分かりました。

そして昨年学んだリリースヨガのメソッドがこの手放しを更に助けてくれています。

ホント出会いは必然です。

 

 

なぜ、私がこんなことを、馬鹿みたいにさらけ出し綴っているか。

きっと、ほかの誰かにも共通する部分があると思うからです。

そして、きっと昔の私の様に様々な制限の中で今現在苦しんでいる人がいると思うからです。

 

 

気づいた時が変わるチャンス。

どんなに小さな一歩でも、その一歩が自分を変えます。

 

あなたは今自分を大事にしていますか?

自分の声を聞けていますか?

自分が思い描く人生を歩んでいくために日々の小さな一歩を選択して行動していますか?

自分の特性を活かして社会へ貢献していくことの大切さを感じていますか?

 

 

ツールはなんでも良いと思います。

その方に合ったツールが必ずあると思います♡

私の場合はヨガが大きな効果を発揮してくれました。

ただ、誤解して欲しくないのは、魔法のように激変する人生なんてないってこと。

コツコツ、毎日。

マットの上に立つこと。

調子がイマイチで立てないときは呼吸法。

瞑想。

ツールはあります。

 

 

ぜひヨガが気になった方は、ストレス軽減ヨガにお気軽にお越しください。

壁を使って運動量を調整していくので、必要以上に負荷がかからず、怪我の防止や、柔軟性が高い方には伸ばしすぎを防ぐことに繋がります。

私もそうでしたが、心がガチガチなので、いきなり仕事後にガンガン動くヨガに行ったって身体は緩まないです。

何かに委ねて、少し運動量を抑えることで、呼吸を観察したり自分と向き合うという余裕が生まれます。

 

先日生徒さんが、ストレス軽減ヨガのクラス後に、本当にストレスが抜けて行くようだ♡

と来た時の顔とは別人になっていたのが印象的でした。

その後その笑顔は保たれているでしょうか?

 

ブログの続きはまた明日かな。

書きたくなったら書きます。

Haruka